JUGEMテーマ:ナダル

 

新しいクレーキング候補のティエム。

 

前哨戦のクレーでナダルに勝っているだけに「もしかして」の結果を期待しましたが、ナダルはやっぱり強かった。

 

「もしかして」という意味では、ティエムよりもシュワルツマンの方が可能性があったのかもしれませんね。

 

ファーストセットを取りましたしね。

 

でも、やっぱり勝てなかった。

 

対ナダルでは、どのプレーヤーもファーストセットはいい勝負するんですよね。

 

場合によっては、シュワルツマンみたいにセットを取ることもある。

 

ただセカンドセット以降に、その勢いを続けることができず、ナダルのペースになっていくというパターン。

 

ナダルに勝てるイメージがなかなか出てこないです。

 

全仏でナダルが負けた試合は、2009年のソダーリング戦と2015年のジョコビッチ戦の2回のみ。

 

2009年は膝を痛めていたし、2015年は明らかに調子を落としている中での全仏だったことを考えると、今回のように「普通の状態のナダル」に全仏で勝った人はいないことになります。

 

 

では、来年以降もナダルは全仏で勝ち続けるのか。

 

あと2〜3年の間については、そうなりそうな気配ですね。

 

いつかは肉体的な問題から勝てなくなるときがきますが、その前に「普通の状態のナダル」に勝てる人が出てきてほしい。

 

さらに成長していくであろうティエムはその第一候補でしょう。

 

錦織もそのポテンシャルはあるはず。

 

錦織は人を「アッ」と言わせることをたまにやりますからね。

 

 

しかし、僕が期待するのはフェデラー。

 

来年あたり、もう一度全仏に出てくれないかな。

 

フェデラーは全仏タイトルを1回だけ獲得しましたが、ナダルに勝って獲ったものではないですから。

 

全仏でもう一度対戦してくれないかな。