JUGEMテーマ:男子テニス

 

 

前回のワールドカップがはじまった。デビスカップはどうなっている?の続き。

 

現在の過密日程の中で行われているデビスカップについて、2019年は開催方式が大きく変わる可能性があるんです。

 

ITF ANNOUNCES PLANS FOR TRANSFORMATION OF DAVIS CUP

 

スペインサッカーのスター選手であるピケが代表を務める会社「コスモス」が、ITFにデビスカップの改革案を提出したんですね。

 

ピケって、そんなことをやっているんだ…。

 

その概要は以下の通りです。

 

  • 開催は11月の1回のみ。
  • 開催場所はひとつの国。
  • 参加国は18ヵ国(現在のワールドグループは16ヵ国)。
  • シングルス2試合とダブルス1試合で、いずれも3セットマッチ。

 

1ヵ所に集まって、一気にやるというのはいいですね。

 

3セットマッチというのは、短期間で開催するためと、選手の負担を少なくするためでしょうか。

 

全体的には賛成なのですが、できれば試合数はシングルス3試合とダブルス2試合にしてくれないかな。

 

  • さらにひとつの試合は3セットマッチより少なくして、1セットマッチに。
  • 1選手は1試合のみ参加可。シングルスとダブルスに重ねて出場することは不可。
  • 隔年もしくは、4年に1回の開催に。

 

という形が私の案。

 

今の方式だと、シングルスに強いプレーヤーが2人いれば、勝ててしまうんですよね。

 

でなく、シングルスの選手を3人、ダブルスに4人、計7人(+補欠数名)にして、総力戦として戦う形。

 

ダブルスへの注目度が高まって、テニス界全体が盛り上がってほしいという願望も入っています。

 

 

ピケの提出した改革案は8月にフロリダで開かれる定例の会議で、2/3の参道が得られれば可決します。

 

来年のデビスカップ、楽しみですね。