JUGEMテーマ:男子テニス

京都もずいぶん暑くなってきて、
本格的にクレーシーズンな気持ちになってきました。

この大会で昨年ベスト4まで勝ち上がった錦織圭。
今年はマスターズ初制覇を狙う錦織圭。

気になっていたドローをさきほど拝見しました。


◎ジョコビッチの山

ジョコビッチ
ラオニッチ
ツォンガ

ジョコビッチ、モンテカルロでは早々に負けてしまいましたが、
今回はどうでしょうか。
逆に休養がたっぷりとれたかも。
それほど嫌な相手はいなそうですが…。
ラオニッチとツォンガがベスト8をかけて対決ですね。
クレーではツォンガ有利かな。


◎錦織の山

バブリンカ
キリオス
モンフィス
ガスケ
錦織

錦織にとっては相性の悪いプレーヤーに勝たないと
ジョコビッチまで届かない組み合わせ。
初戦がトミック×フォニーニの勝者と、
次がベルダスコかガスケ、
その次がモンフィスかバブリンカ。
シードを守れない可能性も十分あるドローです。
すべての試合がハラハラしそう…。


◎ナダルの山

ナダル
ゴフィン
ティエム
デルポトロ
フェデラー

ナダル以外の選手がどれくらい力を発揮するのか、
読みづらい山です。
ナダルは自信を取り戻しているので、
本来の力が発揮できれば
ゴフィンやフェデラーを倒すでしょう。
フェデラー、ガンバレ!
フェデラーと錦織の決勝戦を見たい!


◎マレーの山

ベルディヒ
フェレール
シモン
マレー

この山はシードが守られそうな感じです。
ここ最近、マレーの存在感が下がっているのが気になります。


優勝候補は、ジョコビッチか、ナダルでしょうね。
錦織もマドリードは相性がいいし、十分狙える位置にいると思いますが、
Sランクのジョコビッチやナダルと当たる前に、
Aランクのプレーヤーに勝たないといけないのが厳しいです。

0勝6敗の対ガスケ、
1勝3敗の対バブリンカ、
分の悪いこの2人との対戦が楽しみでもあります。


 
コメント
コメントする