JUGEMテーマ:男子テニス

 

 

そろそろ2017年の半分も終わりそうなこの頃。

 

「今年のATPファイナルズに錦織は出られそうかな」とATPのホームページをチェックしていたら、「Race to Milan」という見慣れぬタグを発見。

 

で、調べてみました。

 

2017年から21歳以下だけでATPファイナルズをミラノでやるんですね。

 

知りませんでした…。

 

大会のポイントをまとめてみると、こんな感じです。

 

 

 

◆出場資格

21歳以下で、2017年1月から10月30日までのランキング上位7名とワイルドカード1名。

 

◆開催場所

ミラノ。ちなみに“おとなの”ATPファイナルズはロンドンです。

 

◆開催時期

2017年11月7日〜11月11日。本家のATPファイナルズが11月12日からなので、その直前に開催するわけですね。

 

◆日本でのテレビ放送

普段のATPファイナルズはGAORAが放送していますが、21歳以下の大会はどうでしょうか…。日本人が出場するようなら、放送もありそうですね。

 

 

 

現在のランキングではズべレフがぶっちぎりですね。

ズべレフは普通にATPファイナルズに出場できる可能性がありますから、ダブルで出場資格を取るかもしれません。

その時は、どうすんだろう?

 

2017年6月16日現在、日本人でランキングが高いのは、24位のサンティラン晶(20歳)、37位の高橋悠介(19歳)。

 

錦織の次の、その次の世代も伸びてきているんですね。

 

 

 

GAORAはスカパー加入でも見られます。

 

関連する記事
    コメント
    コメントする