JUGEMテーマ:男子テニス

 

デビスカップ・ファイナルズ予選は、惜しくもエクアドルに負けてしまいました。

 

せっかくのホームでの試合でしたが、無観客試合となり声援で後押しができなかったのは残念でした。

 

今回の敗戦によって、日本は9/18から開かれるグループ1でパキスタン(@イスラマバード)と対戦します。

 

パキスタン。

 

知っている選手はひとりもいません。

 

調べてみたら、ダブルスのランキングで50位のクレシーという選手がいるくらいで、あとはランキング外の選手ばかりです。

 

それでもスロベニアを3-0で下しての勝ち上がりなので、ちょっと不気味なチームです。

 

スロベニア戦はホーム(イスラマバード)の芝生コートで行われており、日本戦もおそらく同じコートになるんじゃないでしょうか。

 

選手のランキングを見たら、今回はさすがに大丈夫だと思いますが、僕の関心は「勝つか、負けるか」よりも、選手起用です。

 

今年はオリンピックイヤーですし、錦織の出場はちょっと微妙。

 

USオープン含めて夏場の疲れで、9月のデビスカップは(パキスタンはかなり格下ですし)スキップしそうな予感です。

 

でも、錦織出ない方がむしろパキスタン戦はおもしろくなるんじゃないでしょうか。

 

 

■錦織が出場しない場合のチーム構成は?

 

まず西岡がエースとして、シングルスに出場。あと1名は、内山か、杉田でしょうか。

 

芝での実績からいったら、杉田でしょうね(芝の大会での優勝経験あり)。

 

僕としては、いろんな選手が万遍なく出てほしいので、シングルスは杉田で、内山はマクラクランと組んでダブルスで出場することを希望します。

 

・シングルス1 西岡良仁

・シングルス2 杉田祐一

・ダブルス 内山靖崇/マクラクラン勉

 

シングルスの候補としては、添田、ダニエルに加えて、伊藤もいますが、芝というサーフェスとの相性や、次世代の担う世代への引継ぎを考えると、やはり西岡と杉田(もしくは内山)かな…。

 

サプライズとしては綿貫陽介はあるかもしれませんね。

 

杉田と一緒に出れば、ベテラン&若手になりますし、西岡と出れば、オール20代の若いチームになります。

 

どちらになっても、楽しみなチームです。

 

 

コメント
コメントする