JUGEMテーマ:テニス

 

新型コロナウイルスの影響で、全仏オープンが延期が決定したようです。

 

 

2020年のフレンチオープンは9/20〜10/4に日程が変更されるようです。

 

ローランギャロスの公式ホームページでも発表していますので、もう確定ですね。

 

ESPNでもこの延期について触れています。

 

記事はこんな内容でした。

 

  • フランステニス連盟は新型コロナウイルスの拡大している状況を考慮し、5/24〜6/7に予定していたスケジュールを4ヵ月後にずらす。
  • 同様のケースとして、アメリカの競馬イベント「ケンタッキー・ダービー」も、春から秋への開催に変更。
  • 9/20からの開催となると、8/31〜9/13で行われるUSオープンの日程とかなり近くなる。
  • USオープンが終わってから1週間しかない。ヴァセク・ポシュピシルは「狂気の沙汰」とツイート(現在は削除された模様)。
  • 9/25〜9/27で開催予定のレーバーカップともカブってしまう。
  • フランスで3/16(月)にマクロン大統領が、15日間の外出禁止を発表したばかり。家族や友達同士で集まることも禁止している。
  • 1891年に始まった全仏オープンが開催中止になったのは、2回の大戦によるもののみ。
  • すでにチケットを購入している人には、払い戻しか、交換に応じる。

 

 

フレンチオープンの前哨戦となる、クレーコート大会はスペインやイタリアで開催されます。

 

この2カ国は現在の状況からしてトーナメントの開催は厳しいそうですし、外出禁止令が出たことでフランステニス連盟も延期を決断したんでしょうか。

 

イギリスは他のヨーロッパほど深刻な状況ではないようで、今のところウインブルドンの中止発表はされていません。

 

「現時点では開催の予定」とツイートしています。

 

 

 

ヨーロッパでの、今後の感染拡大の状況を見極めてからでしょうか。

 

 

現在、ケガでツアーを離れているフェデラーは、もともとフレンチをスキップする予定でしたが、この日程変更で参加する可能性が出てきましたね。

 

肘の故障でツアーを離れている錦織も、もちろん出場の可能性が高まりますが、USオープンが終わってから1週間後というのが…。

 

 

ツアースケジュール、かなり深刻な状況です。

 

どこかのタイミングで「もう今シーズンは全部キャンセル!」という発表がありそうな気もします。

 

 

 

テニスが観られないときは、青空の下でテニスしてみませんか?

 

テニスグッズの購入はこちらから↓