JUGEMテーマ:錦織 圭
JUGEMテーマ:男子テニス

4回戦はてっきりツォンガかと思っていたら、
バウティスタ・アグートとの対戦になった錦織。

バウティスタ・アグートはツォンガに勝つぐらいだから調子いいのか、
そうか、これは苦戦するかもしれないぞ、
という心配は不要だったようで、
錦織は最初からガンガン攻めて、自分のペースに持っていってました。

レシーブゲームはいつでもブレークできる、って感じです。
反対にブレークした後、すぐにブレークバックもされてましたが…。

ともかくこれでベスト8。

次のQF(クオーターファイナル)はガエル・モンフィスです。

モンフィスとは2014年にハレの大会で一度戦っていて、
その時は61 36 63で錦織が勝っています。

ハレは芝のコートですが、
今回のハードではどうでしょうか?

ゲームの展開としては、
先に錦織が攻撃し、モンフィスが受ける形になるでしょう。

3回戦、4回戦の調子でいけば、
モンフィス相手でも負けないはず。

注目したいのは、
錦織がSF(セミファイナル)やF(ファイナル)を見据えて
どんな戦い方をするのか。

今大会のゲーム内容を見ていると、
ベスト4までは勝ち進んで然るべくなのですが、
さらにレベルアップしたプレーをしないと、特にジョコビッチには勝てない。たぶん。

決勝まで勝ち上がったら、
相手はおそらくジョコビッチだから。

そう言えば、モンフィスのプレースタイルは少しジョコビッチに似てるかも。
コートカバーリングの広さとか、観客受けを狙うところとか…。

守りから入っていく選手を、いかに攻め切るか。

ジョコビッチ戦を想定して、
試合内容に注目してみます。

※3/30(日本時間の3/31)は錦織の試合はありません。日本時間の3/31に発表があると思われます。